不動産買い替えリスク

不動産を売却を仲介しない

トップ / 不動産を売却を仲介しない

不動産買い替えのリスク

自宅の売却と新居の購入が時間を置かず連続して行えることが理想です。しかし、新居の購入が先に決まった場合、今のローンの完済が完了しなければ次のローンは組めません。そのために、買い替えつなぎローンという商品もありますが、売却できない場合、不動産業者が相場より安い価格で買取ります。一方、売却が先に決定した場合、賃貸など仮住まいをすることになります。その間、買い替え先を探すことになりますが、希望の物件が見つからない場合、家賃の支払い、引越費用など、無駄な経費がかかります。それぞれのリスクを懸案しながら、不動産の買い替えは綿密に計画的に進めることが大切です。

仲介手数料がかからない家や土地

直接、地主の人と交渉を進めて、不動産を購入すれば、仲介手数料がかかりません。自分で事務処理などもしなければならないという面倒がありますが、とても安く買える場合が多いので、とてもオススメ出来るものです。多額の資金が動くので、慎重に行う必要がありますが、気を付けて行えば、自分でも出来ないものではありません。問題は、不動産を売ってくれる人を見つけることです。知り合いなどで、信頼できる場合には問題ありませんが、見知らぬ人の場合には、お金のやり取りや売却手続きは、慎重に行う必要があります。先にお金を払って持ち逃げされないようにしましょう。

税金対策に関する情報

© Copyright 不動産購入で税金対策. All rights reserved.