不動産価格の推移

不動産価格の変化を知る

トップ / 不動産価格の変化を知る

不動産の価格の推移を把握する

不動産を購入するときには高値で買ってしまわないように、価格の推移を把握することが必要です。価格の推移については、経済指標などを参考にすると良いと考えられます。政府が発表する経済指標の中には、土地の価格や住宅の価格を示すものがあり、これらを参考にすれば全体的な推移が分かるでしょう。現在は不動産価格はどうなっているのかと言うと、少し前まではずっと下落傾向にあったといえるでしょう。しかし、アベノミクスによって景気回復期待が広がったことや、あるいは東京オリンピックの開催が決まったことなどによって価格は上昇しつつあります。

保有期間が5年の土地に関して

土地のような不動産の場合、その保有期間が5年以下か、あるいはそれ以上かで売却時の税金が変ってきます。保有期間が5年を超えている場合を長期譲渡所得と呼ぶのに対して、5年以下の場合を短期譲渡所得と呼びます。長期譲渡所得の場合の税率は所得税と住民税を合わせて税率が20%であるのに対して、短期譲渡所得の場合の39%になります。つまり5年を境にして売却時の税金率が大きく変ってくる事になります。これは不動産の転売を抑制することを目的としています。これは短期保有者が繰り返し売買することを税金上から防ぎ、過度の売買を抑制するという目的になります。このように取得期間の年数によって売買時に税金が変ってきますので、実際に売買をされる際はそういった点も考慮に入れられる事が必要になってきます。

税金対策に関する情報

© Copyright 不動産購入で税金対策. All rights reserved.