不動産で減税措置

不動産購入で税金対策

トップ

競売で不動産を購入するメリット

不動産を購入するときには競売を利用すると言う方法があります。これはどういったものかというと、自己破産によって差し押さえられたものを売却する方法を指します。最近では住宅ローンを支払うことができずに自己破産する人も多くいるようです。自己破産した場合には、その物件は裁判所が売却することになります。では、それを購入するメリットはどのようなものなのでしょうか。まず、価格が安いと言う事が挙げられます。市場で取引されている価格よりも2割から3割くらいは安く購入することができるのです。ただ、不動産の中でも建物の中を知る事はできないと言うデメリットもあります。

中央区で注目のマンションはこちらです。
東京タワーを中心としたビル群、レインボーブリッジと湾岸エリア、お台場、隅田川リバーサイドといった名所の夜景が望めます。

相続税の大幅減税をする

不動産は税金はかかるし高額なうえ、リスクは大きい買い物です。それでも投資するのは思わぬチャンスがあるうえに、相続税を納付する心配をせずに済むかもしれません。土地を購入することにより、資産を減らすことが出来るのです。資産価値が減ることは歓迎することではありませんが、相続税を減らすことが出来るのです。税務署の計算式は購入価格ではなく、税務署の計算式があるのです。税務署の計算式だと大幅に資産が減少となるのですが、実際の資産価値が下がるのではありません。近い将来相続税が改正の見込みです。従来庶民には縁の無い税金と言われてきましたが、改正により庶民にも相続税が掛かるかもしれません。不動産を購入する事で相続税を減税することが出来るのです。

税金対策に関する情報

© Copyright 不動産購入で税金対策. All rights reserved.